つらつらと適当に書いていくブログ

大阪の食べ歩き、ファミリーセール情報などを適当に書いていく雑記ブログです。

繊維業界 独特な業界用語まとめ

calendar

reload

スポンサーリンク

きゅうれいぱっぱ

60ローンの標準的な規格。打ち込み本数が経糸(たていと)90本、緯糸(よこいと)が88本であることから。経緯足して、178本ローンと言われる。

(例)きゅうれいぱっぱの普通の60ローンの生機(きばた)やったら、中国でなんぼでもあるで。

バランス

販売可能な在庫数量のこと。売りバランスとかフリーバランスと言われることもある。

(例)1番色は、バランス20反でそのうち現物は5反で、残りは10月末UP予定です。

中希(ちゅうき)

生地の反物の中で微妙に色の濃淡などが変わっていき、生地の状態だと分からないが、製品にして縫い合わせたときに色が違うことに気づく現象。多くはインキング(上から補色してなじまさせてわからなくさせる)で製品修整する。

ちなみに、株式会社桑原に代表される「なおし屋さん」で直してもらうと驚くほど、きれいになおることが多く、技術の高さに感心することが多い。

(例)ダブル巾の生機なんで、中希が出やすい

抜き

本来、生地の生産はキバタの生産があり、(産地によって変わるが、5000m以上のロットが必要)、次にそのキバタを染色(ものによって変わるが、500m以上のロットが必要)するという大掛かりな発注が必要であり、また納期もかかる。

そこで、生地問屋とかテキスタイルコンバーターという業態が、カラーストックで在庫の備蓄販売を行い、アパレルメーカーの小ロット、QR対応をすることで、1反から欲しい生地を自由に買うことができる。この準備された生地の商売を指す。

(例)新ブランドで、まだロットが小さいので、素材提案は「抜き」で買える生地で願いします。

色ナレ

カラーストックをしているテキスタイルコンバーターは、在庫の備蓄販売をする際、アパレルの購買の需要予測をして、発注していくことで、過剰在庫を持ったり、売り切れによる機会ロスにならないように努力している。ただし、イレギュラーの注文が入ってきて、特定の色だけを大量に発注されると計画が狂ってしまいます。通販のビジネス、輸出の商売などで、一般のアパレルのセオリーと違う動き方をしている企業からの注文の際に起きやすいです。

そこで、各色バランス良く発注してもらうことを「色ナレ」と呼びます。廃番予定品番で、キバタがなく追加できない商品やロットが大きく納期が長い先染めなどは追加注文での在庫調整が難しい商品の場合にこの条件がつきます。

(例)このチェックは糸染めのロットが大きいので、三配色すべてのナレ販売にてお願いします。






created by Rinker
ディーアイシー(DIC)
¥14,782 (2019/07/17 09:17:24時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す