つらつらと適当に書いていくブログ

大阪の食べ歩き、ファミリーセール情報などを適当に書いていく雑記ブログです。

「カメラを止めるな!感想。M1グランプリの麒麟の漫才を思い出した。

calendar

reload

毎月14日<10(トウ)4(フォー)>はTOHOシネマズの日ということで、話題の「カメラを止めるな!」を観てきました。

(※1100円で観れるサービスデイです。)

SNSでも周りの人が結構見に行っていて、評判がいいので、久しぶりに映画館行きました。
予備知識ゼロで行ったので、前半ちょっと大丈夫かなと不安になったのですが、後半へのきれいな布石だったというか、お笑いでいうところの「フリ」が効いてました。
伏線が次々ときれいに回収されていく後半は痛快なほどで楽しめます!
こういう伏線を回収していく話すきだなぁと思ってたら、麒麟の漫才を思い出しました。

M1グランプリ第一回大会で、松本紳助に2番、ダウンタウンまっちゃんに1番と言われた小説風漫才のネタです。

おそらく知名度がなかった点と春風亭小朝と青島幸男の採点が低かったせいで、5位に終わったんですが、よくできてるネタでした。

知名度がなく、事前情報なし。ややウケくらいで大丈夫かなーと不安にさせる前半から、伏線を回収して盛り上がっていく後半。

今回の「カメラを止めるな!」と同じパターンです!

ちなみに、M1はアマゾンprimeで観れるので、久しぶりに見返しましたがやっぱりよかった!

アマゾンprimeビデオ

見終わった後、いろんな人の感想を見てたら、このブログ?の説明が一番的確だと思います。

ネタバレ『カメラを止めるな!』のここが凄い!そして似たようなおすすめ映画ある?という時に観る3本 ウェブランサー

この記事でお勧めされてた下の2つはアマゾンprimeビデオで観れるので、早速見てみます。

日暮隆之監督を演じる濱津隆之さんが着ていたアロハシャツはどうもこれらしいですw

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう