つらつらと適当に書いていくブログ

大阪の食べ歩き、ファミリーセール情報などを適当に書いていく雑記ブログです。

テキスタイル・アパレル副資材のBtoB(卸・問屋)サイトまとめ

calendar

reload

アパレルブランドを立ち上げたいというファッションデザイナーや、手芸好きで、ミンネやcreemaで作ったものを販売したいというクリエイターにとって、大きなハードルは生地・アパレル副資材の仕入れだと思います。

東京の日暮里の問屋街や大阪の船場センタービルの問屋の集積地のようなところに買いに行く人が多いかと思います。ロットや単価の問題以外に実は一番のネックとして、商品のリピート性がないというのが一番大きいかと思います。ド定番品以外は、見切り品だったり、その場その場で仕入れたものが店頭に並んでいることも多く、売れ行きがいいので、後日、追加しようとしてもできないことが多いです。

そのため、できるだけ安定供給しているテキスタイルコンバーター、生地問屋と取引したくなるのですが、まだまだ古い狭い業界なので、伝手がないとなかなか直接の商売はできず、二次問屋(代理店のようなもの)経由で買ってくれと門前払いされてしまったという話をよく聞きます。

宇仁繊維、マスダあたりは、比較的、口座を開いてくれることが多いですが、直接売ってくれるという話になってもやはり、最初は支払いは前入金ということが多く、キャッシュフローが厳しくなります。

遅れている繊維業界でも仕入れができるBtoBサイトが増えてきました。多くのサイトでクレジットカードなどの決済サービスを利用しているので、開業したばかりの個人事業主でも比較的取引しやすく、キャッシュフローのメリットも大きいです。

1.スーパーデリバリー

https://www.superdelivery.com/

東証一部上場企業のラクーンが運営しています。BtoBサイトの草分け的存在です。テキスタイル限定ではないので、検索で絞込む必要があります。

バイヤー会員登録が必要で、月会費2,000円(税抜)が必要になります。

決済方法は、クレジットカード・後払い(Paid)・代金引換

2.テキスタイルネット

http://www.textile-net.jp/

大手繊維商社、豊島が運営するテキスタイルのBtoBサイトです。

豊島、ヤギ、田村駒、島田商事など約20社のテキスタイルコンバーター(繊維商社)とアパレル副資材問屋(付属屋)が販売しており、10,000品番以上の品揃えがあります。

決済方法は、クレジットカードのほかにコンビニ払い、売掛決済サービスが利用できます。

 

3.テキスタイルモール

https://tex-mall.jp/

北陸産地の大手織布メーカー 丸井織物が運営しており、テキスタイルネットと同じようなテキスタイルのBtoBサイトです。

瀧定名古屋、清原などが参加しており、約30社のテキスタイルコンバーターが販売しています。アイテム数は、2,300品番です。

決済方法は、銀行振込・クレジットカード決済・後払い決済が利用できます。

 

 

4.スマセル

SMASELL(スマセル)

KLab Venture Partners株式会社等のベンチャーキャピタルから出資を受けているスタートアップ起業、株式会社ウィファブリックが運営しています。

繊維・ファッション業界のフリマサイトという位置づけになったおり、キャリー在庫を業界で言う「見切り」の商売ができるサイトです。アパレル製品中心ですが、テキスタイルも販売されています。

商品ラインナップは限られますが、使えそうなものがあれば、安く買うことができます。ただし、見切りの商売は、買った後のアフターフォローが十分に受けられないケースもありますので、注意して仕入れる必要があります。

決済方法は、三井住友銀行のエクスローサービスを利用することになりますので、残念ながら、前払いをする必要があります。

 

4.APPARELX

https://www.apparelx.jp/

副資材問屋 オークラ商事EXCY が運営しているアパレル資材BtoBサイトです。ボタン、裏地、ファスナーなど付属中心に取り扱っています。

また、ユニークな機能として、AI(人工知能)を取り入れており、探している商品の画像をアップロードすると近いものをレコメンドするというサービスをしています。

決済方法は、クレジットカード・銀行前払い・代引き・掛け支払いを選択することができます。

 





この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す