つらつらと適当に書いていくブログ

大阪の食べ歩き、ファミリーセール情報などを適当に書いていく雑記ブログです。

誰でも利用可能!コナミスポーツの月額料金・都度利用料金の割引方法

calendar

reload

大手ジムチェーンであるコナミスポーツに通っている人は多いと思います。コナミスポーツは月額料金・都度利用料金が選択できます。また月額料金の中でも頻度に応じて様々な料金プランあり、また施設のレベルに応じても料金が変わってくるので、なかなかややこしいのですが、だいたい週1,2回通う条件にすると、月1万円程度払うことになると思います。

決して安くはないので、割引など安くなる方法がないか探してみました。

スポンサーリンク

勤めている会社の福利厚生・持っているクレジットカードを確認

例えば、関東ITソフトウェア健康保険組合では、「法人会員 月会費制」で入会することもできますし。さらに都度利用料金では、約半額程度補助が出て、かなりの割引を受けることができます。→関東ITソフトウェア健康保険組合 コナミスポーツクラブ割引紹介ページ

また、アメリカンエキスプレスカードやダイナースカードなど年会費が高額なクレジットカードの特典としても、法人会員として、入会することもできます。

ベネフィットステーションとは

おそらく、該当する人が多そうなのが、勤めている企業が、福利厚生サービスのアウトソーシングサービスであるベネフィットステーションに契約しているパターンだと思います。

ベネフィットステーション

ベネフィットステーションのサービスは、映画やレジャー、旅行などを優待価格で利用できるというものなのですが、ラインナップの中でもスポーツジム関係が特に充実しています。

このベネフィットステーションの会員証を見せれば、コナミスポーツを法人会員として入会することができます。

ベネフィットステーションは個人でも利用できます。

「うちの会社、ベネフィットステーションなんか契約してないなー」という人でも実は、ベネフィットステーションのサービスは利用できます。実はこのベネフィットステーションは、ヤフーやドコモなどいろんな会社にOEM?提供していて、数百円の月額費用を払えば、だれでもこのサービスが利用できます。

Yahoo!デイリーPlus(月額540円)

・dエンジョイパス(月額540円)

・駅探バリューDays(月額324円)

使い方も簡単で、受付でスマホに駅探バリューDaysにログインして、「web会員証」を表示するだけです。

 

減量目的(それでも飲むべきだと思いますが、)ではなく、筋トレ目的でジムに行く人にはプロテインはマストアイテムです。しかし、ザバスとか国産メーカーのプロテインはキロ3,000円以上したりします。コスパ重視なら、イギリスのmyproteinがお勧めです。

海外通販になるので、ある程度買わないと送料が高くつきますが、BCAAとか他のサプリと合わせて買うとキロ2,000円以内で買えるので、お勧めです。プロテインいろいろ種類があるので、迷うかと思いますが、男性で筋肉増やしたい方はホエイでいいと思います。

女性で、減量目的だとソイプロテインでもいいと思います。あと、牛乳飲むとおなか痛くなる人は、ホエイの中でもアイソレイトと書いているものはお腹が痛くなりにくいです。

myprotein ホエイプロテイン

【追記】余談ですが、AIを活用して、月4回12,000円~という格安のパーソナルトレーニングがオープンしていました!今度、無料体験行ってみたいと思います。
日本初上陸のパーソナルトレーニング【exercisecoach】

 


関連記事

マッチングアプリやカップリングパーティーを安く利用する方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す