つらつらと適当に書いていくブログ

大阪の食べ歩き、ファミリーセール情報などを適当に書いていく雑記ブログです。

2109年2月、闇ふるさと納税が終了したと思ったら、泉佐野市がやりすぎなキャンペーン開催!

calendar

激おこの総務省の通達により、最後まで粘っていた和歌山県高野町の日本旅行ギフトカードの闇ふるさと納税も1月末で終了してしまいました。

このまま、地元の特産品が適度にお礼としてもらえる本来の趣旨に落ち着くのかと思ったら、泉佐野市がまたやってくれましたw

大阪府 泉佐野市ふるさと納税特設サイト さのちょく

「100億円還元」閉店キャンペーン!と銘打ち、通常の返礼品に加えて、Amazonギフト券の金券をもらえるというちょっとだけ手法を変えただけのキャンペーンを開催していますw

「通常の順次配送を選択して Amazonギフト券10%還元」 または、「5月以降の配送月を指定して Amazonギフト券20%還元」
という条件なので、まったく総務省の意向に従うつもりないですね。

また、ふるなびふるさと本舗などのふるさと納税ポータルサイトのプラットフォームではなく、自前で特設サイトを立ち上げたところもなかなかやるなーと思います。(早速サーバーダウンしてしまいましたけど、、、相当なアクセスおよび申込があると思うので、やっぱりそれだけのインフラ作るのは大変ということですね。)ふるさと納税で集めたお金をがっつり自分のものにするが手数料として、いたずらに業者の利益になることを防ぐという作戦ですね。

※ちなみにさとふるは、ソフトバンクグループですし、ふるなび運営のアイモバイルは、ふるさと納税事業のセグメント利益は昨年対比2300%!です。楽天ふるさと納税もありますね。ふるさと納税をすればするほど、東京にある大手サイト運営企業にお金が落ちるというのも事実ですね。

まあ、ふるさと納税という制度がどうなるかというのは、総務省の指導に期待するとして、個人的にはなるべくお得に立ち回りたいと思います。泉佐野市以外にもこの動きを見てか、終了していた金券っぽいふるさと納税が復活したりしています。

条件がよさそうなものをリストアップしてみました。

泉佐野市ピーチポイント20,000円(返礼率50%)

関空での駐車券もふるさと納税にあります。

関西空港駐車場券 寄附金額:10,000円

サーティワンアイスクリーム商品券

リンガーハットグループ共通商品券

バルミューダティファールプラスマイナスゼロとかのおしゃれ家電とか選択肢がかなり増えているので、普通に買うにはちょっと高いかなというブランドなんかでもいいかもしれません。

闇ふるさと納税記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す